経済動向

ロックダウンの経済影響
2020.04.09 中村孝也

4月7日、安倍総理大臣は、7都府県を対象とした「緊急事態宣言」を行った。新型コロナウイルスの感染者増加を抑制するために、人と人との接触機会を削減することによる経済活動の抑制が求められている。今回緊急事態宣言の対象とされた…

日本
緊急事態宣言と株式市場閉鎖の可能性
2020.04.06 中村孝也

日本でも緊急事態宣言のタイミングが刻々と迫っているとの印象が強まっており、株式市場が閉鎖される可能性も意識されるようになった。フィリピン証券取引所は3月17~18日に休場を決定した。もっとも、現時点では「取引継続」の公算…

日本
新型コロナショックによる金融機関への影響
2020.04.01 中村孝也

金融市場は依然として不安定な値動きを続けており、コロナショック前と比較すると、株式を始めとした様々な金融商品が大幅に値下がりした状況にある。3月末は日本企業にとって年度末にあたる重要なタイミングである。有価証券の価格変動…

金融
レバノンデフォルトの次は?
2020.03.16 中村孝也

3月7日、レバノンのディアブ首相は償還期限を迎える12億ドルの外貨建て国債について、支払いを延期すると表明した。 レバノンの2018年GDPは566.39億ドル(6.2兆円)。2017年の輸出は40.3億ドル、輸入は20…

レバノン
パンデミックによる経済的影響
2020.03.11 中村孝也

3月2日、OECDは「経済見通し中間報告」を発表し、2020年の世界実質GDP成長率を2.4%、2021年が3.3%と予想した。2020年の見通しは、2019年11月に発表した見通しから0.5%ポイントの下方修正となる。…

中国
今日の香港は明日の日本

香港の現状は、日本の近い先の状況を考える上で重要な視座を提供している。SARSを経験した香港は「高い緊張感」が特徴的である。国内感染者がまだ出ていなかった1月後半の段階で全ての学校と遊園地の閉鎖が決まり、翌週からはサッカ…

中国
日本
香港
新型コロナ・ショックがもたらすもの

新型コロナウィルスの猛威が続いている。過去の○○ショックでは、様々な構造変化がもたらされた。例えば、95年の阪神淡路大震災では、神戸港のハブ機能が失われ、その後も需要が戻らなかった。08年のリーマン・ショックでは、セール…

中国
経済への影響は長期化、意図せず中国抜き経済への第一歩

『コロナの日本感染者数の推計は2月中旬で4,100人、GVC進展でSARS当時より影響は甚大となる可能性も(フィスコ世界金融経済シナリオ分析会議)』では、経済的な影響に焦点を当てて状況を俯瞰してみた。新型コロナウイルスの…

中国
日本
コロナの日本感染者数2月中旬で4,100人、SARSより甚大な影響の可能性も

新型コロナウイルスの発症者が日本でも確認されており、感染が拡大する傾向を見せている。コロナウイルスは風邪のウイルスであり、今回のものは新型でこそあるが、風邪をひいて免疫を既に持っている人が発症しないというようなケースも見…

中国
日本
筑波大学名誉教授 遠藤誉氏インタビュー vol.2 米中対立の根幹は『中国製造2025』にあり【フィスコ 株・企業報】
2019.04.26 HomareEndo

◇以下は、FISCO監修の投資情報誌『FISCO 株・企業報 Vol.7 −米中冷戦の行方と日本の未来』(3月29日発売)の特集「米中対立の根幹は『中国製造2025』にあり ~遠藤誉氏に聞く~」の一部である。全2回に分け…

アメリカ
中国
日本
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ