コロナショックと戦争(1):第二次世界大戦中の日本経済

2020.05.20

コロナショックと戦争(1):第二次世界大戦中の日本経済

コロナショックは戦争と比較されることも少なくない。3月16日にマクロン大統領は「我々は(ウイルスとの)戦争状態にある」と強調し、3月18日にトランプ大統領は「自分は戦時の大統領。戦争には打ち勝たなければならない」と述べた。今回は、第二次世界大戦中の日本経済を振り返ってみたい。

日本のGDPは第二次世界大戦中の1940~44年は緩やかな減少にとどまり、大幅に落ち込んだのは1945~46年であった。「通産省指数」では、1940年が153.2、1941年が158.4、1942年が154.4、1943年が156.1、1944年が158.6、1945年が69.8という推移を辿った。1946年には開戦前の1/5の水準にまで落ち込んだそうだ。太平洋戦争前と同水準を取り戻したのは、敗戦から10年後の1955年を待つ必要があった。

人々の行動を制約したり、死亡者増加による経済への悪影響が発生するという点では、戦争とコロナショックは共通している。一方、戦争では供給能力が破壊され、軍需が創造されるが、コロナショックでは、供給能力は破壊されず、需要創出もマスクや医薬品などにとどまる点が異なる。もっとも、今後、米中覇権争いも相俟ってグローバルサプライチェーンが再構築され、既存の供給能力が破棄される方向に向かうのであれば、コロナショックが戦争と似た意味合いを強めていくのかもしれない。



(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ