外貨準備高と対外純資産

2020.03.23

外貨準備高と対外純資産

レバノンデフォルトの次は?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】」でも論じた通り、レバノンでは外貨準備高の減少が継続していたことから、デフォルト宣言は時間の問題であったのかもしれない。世界の金融市場が信用リスクに警戒感を高めており、国の信用力への注目度も増している。

一般的に注目されるのは外貨準備高である。外貨準備高の上位国は、中国が3.2兆ドル、日本が1.3兆ドル、スイスが0.8兆ドル、サウジアラビアが0.5兆ドル、ロシアが0.5兆ドルなどである。もっとも対外純資産の方が外貨準備高よりは広い概念であり、そちらも併せ見ることが重要であろう。対外純資産から(引き揚げに時間を要する可能性が高い)直接投資を除外した部分を見ると、中国が3.0兆ドル、日本が1.7兆ドル、ドイツが1.7兆ドル、シンガポールが1.3兆ドル、香港が1.4兆ドルとなる。上位国の顔ぶれは随分と変わる。

韓国の2月貿易収支は41億ドルの黒字であったが、1ドル1,300ウォンに迫るウォン安が進んでいる。外貨準備高は4,244億ドル、対外純資産は4,360 億ドルとそれほど規模感は変わらないが、直接投資を除外した対外純資産は2,756億ドルであり、かなり小さく映る。もっとも、3月19日に新型コロナウイルスによる危機対応の一環として、米連邦準備理事会(FRB)と韓国銀行が600億ドル限度の通貨スワップ協定を締結しており、目先のリスクは回避された。ちなみに、今回の協定の期間は少なくとも6カ月となり、2007~2009年の金融危機時にも通貨スワップ協定を締結していた。



(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ