米国企業が自社株買いを推進した理由は?

2020.10.30

米国企業が自社株買いを推進した理由は?

BIS(国際決済銀行)の「Mind the buybacks, beware of the leverage」では、金融の安定性については、自社株買いではなくレバレッジに焦点を当てるべきと主張している。自社株買いはレバレッジを通じて企業の業績と財務の回復力に影響を与えているが、企業はレバレッジ目標を達成するために自社株買いを活用しているため、自社株買いよりもむしろレバレッジの方が経済活動や金融安定にとって重要であるという指摘である。

2019年に自社株買いを行った企業のうち約25%が、負債を発行したが株式は発行しなかった企業であり、レバレッジの上昇を加速させた。ただ、2010年以降で見ると、債券発行に占める自社株買いの割合は、2000年代初頭の水準に向かって低下しており、社債が増加した主因は自社株買いでなかった可能性が高い。むしろ自社株買いの源泉として重要度を増したのは内部資金である。

2010年から2019年の間に非金融企業の資産は75%増加する一方、自己資本は48%増加にとどまったため、負債比率は21%から32%に上昇した。特にレバレッジが高い企業の負債比率は、2010年の48%から2019年には60%近くに上昇した。ただ、レバレッジが産業の目標レバレッジを下回る企業の方が年間の自社株買いが大きかったことから、自社株買いの積極化は「他社に追いつくため」という動機が大きかったようである。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之竹下隆一郎経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ