景気は大幅改善、緊急事態宣言解除も影響か

2021.03.11

景気は大幅改善、緊急事態宣言解除も影響か

内閣府が3月8日に公表した景気ウォッチャー調査によると、2月の現状判断DI(季節調整値)は前月差10.1ポイント上昇の41.3、先行き判断DI(季節調整値)は前月差11.4ポイント上昇の51.3と大幅に改善した。DI(diffusion index)は各種判断を指数化したものであり、景気の現状または先行きに対する5段階の判断に対して点数を与え、それを各回答区分の構成比に乗じて算出したものである。基準値50を境目として、それを上回れば「改善」、下回れば「悪化」と見ることができる。

現状判断DIは、飲食関連が前月と比較して16.5ポイント上昇の31.6、旅行などを含むサービス関連も12.9ポイント上昇の35.7となった。基準値の50は下回るものの、前月と比較して2桁の上昇となった。首都圏を除いた地域で緊急事態宣言が解除されたことが大きく影響したとみられる。また、基準値を超えている先行き判断DIの項目は、家計動向関連4項目のうち「小売関連」、「サービス関連」の2項目、企業動向関連2項目のうち「製造業」、「非製造業」の両方、および雇用関連であり、いずれも前月比で大きく上昇している。

内閣府は、今回の調査結果に示された景気ウォッチャーの見方を「景気は、新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直しの動きがみられる。先行きについては、感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しが続くとみている」とまとめている。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之竹下隆一郎経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ