宇宙

日中の宇宙開発技術の動向
2021.01.07 將司覚

2020年12月3日午前3時前(日本時間)、日本の小惑星探査機「はやぶさ2」から分離されたカプセルが豪州南部のウーメラ砂漠に着地した。「はやぶさ2」は、2014年12月3日に打ち上げられ、約3年半かけて地球から約3億キロ…

中国
日本
宇宙
宇宙環境を守るための活動
2020.11.17 將司覚

米国の国防総省戦略軍統合宇宙運用センター(JSpOC)は、スペースデブリ(宇宙ゴミ)の監視を行っている。2013年に締結された「宇宙状況の監視に関する日米協力の取決め」に基づき、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)はJ…

アメリカ
日本
宇宙
日本の衛星測位システムの現状と展望
2020.11.17 將司覚

文部科学省、総務省、経済産業省、国土交通省の連携により、2006年に準天頂衛星測位システム「みちびき」(QZSS:Quasi-Zenith Satellite System)の導入が決定した。準天頂衛星システム「みちびき…

日本
宇宙
日本の情報収集衛星の現状と展望
2020.11.17 將司覚

1998年の北朝鮮による弾道ミサイル「テポドン」の発射を契機に、我が国は情報収集衛星の導入を決定した。外交・防衛等の安全保障および大規模災害等への対応に必要な情報を独自に入手する手段を確保するためである。 情報収集衛星に…

日本
宇宙
宇宙資源開発の現状と展望

10月12日から14日の3日間にわたって開催されたオンラインの「国際宇宙会議」において、政府は月や火星探査に関わる国際的枠組みである「アルテミス合意」に署名した。アルテミス計画は、2024年までに月面に人間を着陸させるこ…

アメリカ
イギリス
イタリア
オーストラリア
カナダ
日本
宇宙
中国の宇宙開発の現状と今後の動向(その2)

9月17日、米国のキース・クラック国務次官が故李登輝総統の告別式に参加するため台湾を訪問した。このことに対し、中国が猛烈な抗議を行い、爆撃機や戦闘機など18機を台湾南西部の防空識別圏(ADIZ : Air Defense…

中国
宇宙
中国の宇宙開発の現状と今後の動向(その1)

中国の宇宙開発の実績や関連技術の向上は確実に進捗しており、今後の中国の宇宙開発の動向には目が離せない状況となっている。 中国は1961年8月、毛沢東主席や周恩来総理ら党中央が「宇宙強国」を国家戦略に掲げ、「両弾一星」(両…

中国
宇宙
我が国の宇宙政策の現状と課題、元統合幕僚長の岩崎氏「宇宙を制する者が未来を制する」
2020.05.19 岩崎茂

本年4月15日、ロシアが対衛星ミサイル発射実験を行った事を米国宇宙軍司令部が公表し、米宇宙軍司令官のレイモンド空軍大将は「ロシアの宇宙兵器は米国並びに同盟国の宇宙システムに大きな脅威である」と述べ、「ロシアは低軌道衛星を…

日本
宇宙
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ