グローバル金融センターランキング:香港の凋落と東京の躍進

2020.06.09

グローバル金融センターランキング:香港の凋落と東京の躍進

2020年3月に公表されたZ/Yenによるグローバル金融センターランキングは、1位がニューヨーク、2位がロンドン、3位が東京、4位が上海、5位がシンガポールという結果であった。前回(2019年9月)3位であった香港は、6位に順位を大きく落とした。一方、順位を上げたのが東京、上海、シンガポールである。中でも東京の順位が前回の6位から3位に大躍進した点が目を惹こう。

当ランキングは、定量的評価と定性的評価で作成されている。定量的評価は、ビジネス環境、人材資本、インフラストラクチャー、金融セクター開発、評判・一般の5項目で構成される。この5項目では、香港はインフラストラクチャー(5位)、金融セクター開発(6位)、評判・一般(4位)の3つの項目で順位を低下させた。昨年来の社会情勢の悪化が影響した面も大きいのだろう。また、2020年5月の全人代以降、「一国二制度」が「一国一制度」に変わるとの懸念も強まってきており、グローバル金融センターとしての香港の地位は、ますます後退していく公算が大きいだろう。

一方、今回の調査でグローバル金融センターとしてトップ3の評価を得た東京であるが、定量的評価は、ビジネス環境が16位以下、人材資本が11位、インフラストラクチャーが4位、金融セクター開発が10位、評判・一般が6位であり、トップ3とはかけ離れている。全体で3位という評価は定性的評価によるところが大きいのであろうが、明確な指標に基づいていない高評価はやや脆弱にも感じられる。



(株式会社フィスコ 中村孝也)


広告
出版企画募集

筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ