IMFのコロナシナリオと経済影響

2020.04.24

IMFのコロナシナリオと経済影響

IMFは4月の「世界経済見通し」のベースライン・シナリオで、2020年の世界経済成長率をマイナス3.0%、2021年をプラス5.8%と予測した。従来、2022年~24年はプラス3.6%成長が予想されていたが、今回は2022年以降の見通しには言及されていない。

ただ、状況があまりにも不透明なこともあり、上記のベースライン・シナリオの他に、コロナショックに応じて、3通りのリスクシナリオが提示されている。シナリオ1は、2020年のウイルス蔓延との戦いの影響を、ベースライン想定より約50%長く見積もったもの、シナリオ2は、2021年に2回目の感染が穏やかに発生することを考慮したもの(影響度は初回の2/3程度)、 シナリオ3は「2020年の長期化+2021年に再発」と、両者を組み合わせたものである。

シナリオ1では、2020年のGDPはベースラインを3%下回り、その後ベースラインに向かって徐々に回復するものの、ベースラインより約1%低い状態が続くことが見込まれている。シナリオ2では、2021年のGDPはベースラインをほぼ5%下回る。そして、シナリオ3の「2020年に長期化+2021年再発」では、2021年のGDPはベースラインをほぼ8%下回り、その後回復するが、2024 年でもベースライン4%超下回ったままとなる。ただ、2022年には2019年の水準を回復する見通しとなっている。

一方で、予想成長率を見ると、シナリオ3における2020~21年の予想は、ベースライン想定を大きく下回る。ただ、その分だけ、テクニカルではあるものの、2022~24年の伸びはベースライン・シナリオを上回る見通しとなっている。



(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ