拡大する中国企業債務は本当にリスクなのか?

拡大する中国企業債務は本当にリスクなのか?

世界銀行は「Global Waves of Debt」という報告書で、過去4回の「債務の波」を分析している。過去3回の波はいずれも景気後退あるいは景気減速につながった。2010年以降に発生している過去比類なき規模の「第4の波」では、特に中国非金融企業の債務拡大が目立つ。過去5年の中国の債務拡大ペースがアジア通貨危機当時のタイやマレーシアに匹敵するというのは何とも不穏である。

もっとも35.6兆ドルという非金融部門の債務(政府:7.1兆ドル、家計: 7.4兆ドル、企業:21兆ドル)のうち、対外債務は2兆ドルに限られる。中国企業債務のデフォルトが増えている点や、対外債務に占める短期債務依存度の高さには一定の警戒が必要ではあるが、非金融企業の債務が中国の家計部門によってファイナンスされているという点は押さえておきたい。

中国の金融資産取引表では、2010~17年に企業部門は29兆元の資金不足であったのに対して、家計部門は43兆元の資金余剰であった。海外部門は12兆元の資金不足であり、海外部門が企業部門の資金不足をファイナンスしているわけではない。中国企業債務の拡大が国内の問題であるのなら、リスクが顕在化するかどうかは中国当局の意思次第ということになる。


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之竹下隆一郎経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ