コロナショックで悪化した需給ギャップとスタグフレーションの足音

2020.10.20

コロナショックで悪化した需給ギャップとスタグフレーションの足音

直近のインフレ率は、先進国では前年比1%程度、新興国では2%程度となっている。コロナショックを受けて、インフレ率は一時的にマイナス圏に突入したが、その後の景気回復にあわせて持ち直してきた。もっとも現状ではコロナショック前には届いていない。

IMFによると、多くの国のGDPギャップは需要不足の状態にある。日本や米国のGDPギャップはマイナス3%程度であるが、ギリシャ、スペイン、スロバキアなどでは需要不足が顕著である。総じて需給ギャップは、数年かけてゼロに近づいていくことが見込まれているが、プラス転換までは見込まれておらず、需給面からくるデフレ圧力は根強く残りそうだ。

141ヵ国のインフレ率の中央値は2.1%のプラスであるが、ばらつきが大きい。115ヵ国が前年比プラスである一方、25ヵ国がマイナスとなった。中でも、スーダン(+64.3%)を筆頭として、イラン、ハイチ、エチオピアなどのインフレ率は20%を上回っており、スタグフレーションの兆候を見せている。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


広告
出版企画募集

筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ