ヘリコプターマネー政策に踏み出したインドネシア

2020.08.12

ヘリコプターマネー政策に踏み出したインドネシア

7月6日、インドネシアの財務相と中銀総裁は、新型コロナウイルスの対策として拡大する財政赤字の負担を中銀と政府で分担することで合意した。3月末にジョコ大統領は政令で時限的にインドネシアの財政赤字上限を超える財政拡大の容認や、中銀の国債直接引受を認め、インドネシア中銀は4月から国債引受を開始した。インドネシア中銀が保有する国債(200兆ルピア)のうち、直接引受は30兆ルピア、流通市場からの購入が170兆ルピアであるが、新型コロナウイルス対策として政府が約900兆ルピア(GDP比6%)を調達するうち、インドネシア中銀が約400兆ルピアを直接引き受けることが決まった。

何をもってヘリコプターマネー政策の実施と見做すかは難しい問題であるが、一つの有力な見方は「中央銀行による国債の直接引受」である。ヘリコプターマネー政策に踏み出したにもかかわらず、これまでのところ金融市場の反応は冷静である。ルピアの下落も限られているし、ルピア金利もさほど上昇していない。今回の措置が「時限的」であることが、金融市場の反応を限られたものにしている可能性が指摘できるだろう。

もっとも、現地通貨建てインドネシア国債のうち海外投資家保有比率は33%に達している。「政府債務が膨張しても金利が上昇しないのは何故か?」でも取り上げた通り、海外投資家による政府債務の保有比率が20%を上回ると、国内金利が非線形的に上昇しやすくなるという指摘もあるため、金融市場の先行きは慎重視した方がよいのかもしれない。もし仮に、当面、金融市場の安定が保たれるのであれば、政府債務の増加が不可避な環境下、ヘリコプターマネー政策の誘惑に屈しきれなくなる国が続出する可能性も考えられよう。



(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ