2度目の緊急事態宣言、影響の大きさは?

2021.02.25

2度目の緊急事態宣言、影響の大きさは?

東京商工リサーチが2月18日に発表した「第13回 新型コロナウイルスに関するアンケート調査」によると、緊急事態宣言の事業への影響について今回と前回(2020年4-5月)を比較した場合、「前回の方が大きい」と回答した企業は「今回の方が大きい」と回答した企業よりも多かった。また、「コロナ禍」の業績への悪影響は、東日本大震災の時よりも大きかったことが伺える。

今回の緊急事態宣言の影響については、「前回と影響は変わらない」が36.2%、「影響は大きい」が14.1%、「影響は小さい」は38.1%であった。「影響は小さい」という回答は、大企業で47.1%であったのに対して、中小企業は36.5%にとどまった。「影響は小さい」理由は、「前回ほど客足や商談が減っていない」が47.8%で最多となった。以下、「取引先が前回ほど出社人数を抑制していない」の22.6%、「前回ほど自社の出社人数を抑制していない」の21.9%と出勤率関連が続く。「業務体制の構築」や「経営改善」も多かった。

東日本大震災(2011年3月)とコロナ禍の業績へのマイナス影響については、マイナスの影響が「コロナ禍」の方が大きいと回答した企業は64.8%、「東日本大震災」は12.5%であった。企業規模別でみると、「東日本大震災」の方がマイナス影響が大きいという回答は、大企業で14.1%だったのに対し、中小企業は12.3%にとどまった。東日本大震災は、インフラや物流の寸断、工場の被災などサプライチェーンで大きな影響を受け、取引先数の多い大企業への影響が深刻だったと説明されている。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之竹下隆一郎経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ