覇権国の推移

2021.02.25

覇権国の推移

ブリッジウォーター・アソシエイツの創業者であり、著名投資家のレイ・ダリオ氏は出版予定の著書「The Changing World Order(変わりゆく世界秩序)」の内容紹介ブログで、現代の経済・政治・政策状況を大局的に捉え、過去の主導権を握ってきた国々の栄枯盛衰について言及している。

覇権は、(1)教育、(2)イノベーション・技術、(3)競争力、(4)軍事力、(5)貿易、(6)産出、(7)金融センター、(8)準備通貨という8つの要素から構成される。覇権のピークに対して、(1)、(2)、(3)は先行、(4)、(5)、(6)は一致、(7)、(8)は遅行すると分析している。

レイ・ダリオ氏は、相互に関連した要素の周期的な上下動を「ビッグサイクル」と呼んでおり、3つのフェーズがあると言及している。3つのフェーズとは、(1)競争上の優位性を獲得する上昇段階、(2)強さを維持しながらも、競争力喪失の段階に入っていくトップフェーズ、(3)これらの強みのすべてが自己強化的に衰退する衰退期のサイクル、である。

これらのビッグサイクルは、過去500年間、時間をかけて移り変わってきた。1600年以降については、「相対的な強さ」はオランダからイギリス、米国の順に移り変わってきたと指摘している。アメリカの強さのピークは第二次世界大戦直後であった。特段の言及はないものの、日本のピークはおそらく1980年代後半のバブル期であったと見られる。ロシアが後退し、中国が再び台頭するまでは、差は大きいもののアメリカに次ぐ二番手であった。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


 
出版企画募集
筆者一覧

国別カテゴリ

テーマ別カテゴリ



PR

jitshunichi-forum-editor

ewarrant direct

ewarrant direct

人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

RSS
RSS

タグ一覧
AIAmazonappleEUFacebookGAFAGAFA+MGooglegotoトラベルMicrosoftNATOアジアアゼルバイジャンアフリカアメリカアラブアルゼンチンアルメニアイギリスイスラムイラクイランインドインドネシアエネルギーオーストラリアオミクロン株オランダカザフスタンカジノカタールカナダカンボジアギリシャサイバーセキュリティサウジアラビアサプライチェーンシェアリングエコノミーシンガポールスイススウェーデンステーブルコインストレススペインデジタルデジタル人民元デジタル通貨ドイツトルコバイデンバイデン大統領パキスタンビットコインブラジルフランスブロックチェーンベトナムヘリコプターマネーポーランドポルトガルマカオマネーロンダリングメキシコユーロ圏リーマンショックレバノンロシアワクチン上海中国中東井上智洋仮想通貨企業伊原 智人伊東 寛再生可能エネルギー北朝鮮半導体南アフリカ原油台湾喜田一成国交地球温暖化変異株外貨外食大統領選挙大阪宇宙宗教尖閣諸島岩崎茂投資文在寅新型コロナウイルス日中海空連絡メカニズム日本日銀短観暗号資産暗号資産(仮想通貨)暗号通貨東京核兵器格差橋本欣典欧州民主主義気候江藤名保子浦島充佳海上自衛隊災害環境問題相良祥之経済動向緊急事態宣言緊急緩和習近平自衛隊船橋船橋洋一藤野英人選挙金融防衛韓国須賀千鶴領土問題飲食店香港

ピックアップ